特性心理学とは?

特性心理学とは、自分自身が本来持っている特性を、掌のシワ(手相)を観ることで知ることのできる、新しいスタイルの心理学です。

 

特性心理学においては、掌のシワ(手相)は、自分自身の『思い』や『願望』を叶えるために出来た使いシワ、すなわち、脳の願望を叶えるために、手指を動かして刻まれたシワと捉えます。

その人自身が生きてきた間に使い込まれた『掌』には、生まれつき持った掌のシワに加え、その人自身の行動特性や思考特性が反映されたシワが現れてきます。

その掌に刻まれたシワを見れば、その人の行動特性と心の在り方が分かり、人生や仕事の道しるべとして使うこともできるかもしれません。

『手シワを見ることは、脳の在り方を可視化すること』であると知る。

それが、特性心理学の考え方です。

 

特性心理学協会では、それぞれの特性を知り、活かす、特性心理学を活用し、職場や家庭などへの導入を推進しています。

お互いの特性を理解し、特性に合わせたコミュニケーションを取ることで、ミスコミュニケーションを減らし、より円滑に、仕事やプライベートの充実が図れる可能性は高まります。

 

まずは、あなた自身が、どんな特性を持っているか?

ぜひ、簡易診断で、ご自身の特性を把握してみてください。